経営(CSR)・都市計画コンサルタントをお探しなら、【みやざき縁パワープランニング事務所】にご相談ください。様々な相談・依頼に対応しております。

CSR活動の種類

  • HOME »
  • CSR活動の種類
CSR企業様ご依頼ください

自社と社会、その両方に良い効果を与えるのがCSR活動です。取り組みを行うことによって多くのメリットがあるため、CSR企業は増えています。自社でもCSRの取り組みを行いたい、と考えている企業は多いと思います。しかし、どのような活動を行えば良いのか、具体的な案に悩みを抱いている企業も少なくありません。CSR活動を検討するなら「攻め」と「守り」どちらのCSR活動を行うか、という所から考えましょう。

攻めのCSR

戦略的なCSRのことを、攻めのCSRと言います。企業の強みを活かし、自社でしかできない取り組みをすることで社会貢献をします。また、問題の解決だけでなく、自社の能力をPRすることにも繋がります。そのためにも社会問題をきちんと把握し、自社の強みをどう使っていけるかを検討する必要があります。

独自のCSR活動となるので、他社との差別化を図ることができます。CSR活動の例としては、農産業の企業が行う有機野菜や無農薬野菜の宅配業、自動車メーカーにおけるエコカーの開発や、低燃費、騒音の軽減、地球温暖化や住み心地の良い街づくりへの貢献などがあげられます。

守りのCSR

守りのCSRは法令遵守など基盤的なCSRのことを言います。企業が存続するために守らなければならないルールや、行わなければ利益の損失を招いてしまうことなど、マイナスを回避するために行う活動のことです。納税や雇用、人権問題などがあげられます。

ほとんどの会社が意識をせずとも行っているCSR活動です。これらの活動をきちんと行っていなければ、不祥事に繋がる可能性が高くなり、結果として企業の存続も危うくなる可能性があるのです。

守りのCSRはどの企業も行っていることですが、そこから攻めのCSRへ転じる企業は一握りです。確かに手間は掛かりますが、攻めのCSR活動をすることによって、自社のコンセプトや得意分野を見直すことができるなど、良い点も数多くあります。

「まちづくりに貢献することもできるCSR活動を考えたい」「しかしどうしたら良いのか分からない」という悩みをお抱えなら当事務所にご依頼ください。CSRコンサルティングや人材育成コンサルティングを行っています。

お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 070-5275-5821 年中無休で営業しております。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • メールでお問い合わせはこちら
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © みやざき縁パワープランニング事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.